Hikari Ohara

Business Health Tech ビジネス マーケティング 動物

日本の医薬品のインターネット販売サイト

医薬品のインターネット販売は、2014年6月12日に販売制度が改正されてから第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品の一般医薬品を販売する事が可能になりました。 改正以前にもインターネットで医薬品を販売がされていたんですが、ルールが曖昧になったいました。改正により、ルールが定まって安全性が高まりました。医薬品のインターネット販売サイトは、日本のサイトだけでなく海外のサイトも多数存在します。ですが、海外のサイトから購入することはかなりリスクと危険性があります。確かに、海外のサイトの方が安く購入す事ができる可能性が高いです。ですが、違法な薬だったり、偽薬の可能性が非常に高くなっています。 それに引き換え、日本のサイトは、改正により厳しい条件などが存在しており、国が認めたサイトがまとめられている厚生労働省が運営するサイトがある為、海外のサイトを利用するより安全かつ信頼ができるのではないでしょうか。 日本でインターネット販売をするにあたって必要な条件が・実店舗が存在する・薬剤師又は登録販売者に対面や電話で相談が可能な体制がある・販売している医薬品が実店舗でも販売・貯蔵されている・医薬品が第1医薬品から第3医薬品である。専門家 「ベストケンコー」によると、これらが満たさなければならない条件になります。これらを満たしたものをまとめて、厚生労働省が運営しているサイト(https://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/ippanyou/hanbailist/index.html)をぜひ参考にし利用するサイトを見つける事をお勧めします。Read More